健康被害が怖い?信頼できるところで購入しなければならない

健康被害が怖い?信頼できるところで購入しなければならない

CBDの原材料はヘンプです。

日本だと様々なニュース報道から悪いイメージしか無いでしょう。

違法薬物と同じ原材料、ということはCBDも危険なのでは・持っていたら逮捕されてしまうのではと恐れをなしているならそれは違います。

同じくヘンプから取ることが出来るもの・カンナビノイドと言いますがCBD以外に100種類以上あり、違法薬物指定されているのはそのうちのTHCというものです。

つまりは別物、CBDは合法です。

だからこそ日本でもドンキホーテなどでCBDグミやリキッドが置かれているのです。

それ以外にも、オイルやパウダーやワックスなどもインターネットを通じて安全に取り寄せることは出来ます。

ちなみに、THCだって使い方によっては良い作用をもたらすことだってあるのです。

医療の世界ではかなり役立ってくれていますし、海外だとTHCを含めカンナビノイドをすべて配合したフルスペクトラム系も一般的です。

THCならではの悪い作用は抑えられてCBDの良さが相乗効果でアップして、ですから皆が喜んで使用しています。

ただ大量にTHCを含んだ製品を摂取した場合に危険な作用が出てくるのは事実、そして安全なTHC入りも危険なTHCもどちらも海外では普通に出回っています。

違法ではないCBD、でも気を付けなければというのは信頼できるところで購入しなければならないという意味です。

気が付かないうちにTHCが混入したCBD製品を誤って購入してしまった場合、健康被害が及ぼされるだけでなく逮捕されてもおかしくはないのです。

それなら国内産のものを選べばと考える方もいるかもしれませんが、ヘンプは日本では持っているだけでも違法・育てることだって法に触れてしまいます。

日本国内で育てたヘンプを使って作られたCBD製品というのは無いのです。

国内産とはいえ原料は輸入、その後の加工やパッケージングを行ったもののことを指します。

世界的に注目を集めるCBD、金になると目を付ける悪徳業者は海外はもちろん日本国内にだっていて不思議はありません。

ですからお値段以上にお店選びを重視することが大切です。

原材料を育てる土壌から気に掛けており、第三者機関にも審査をしてもらって品質の良さを心掛けているところから買うようにしましょう。

ヘンプが、そしてCBDが危険なのではなく、それを取り扱う者の中に悪人が紛れているかもしれないということです。

手軽で可愛いのに、なんで日本では嫌われてるの?

手軽で可愛いのに、なんで日本では嫌われてるの?

海外でよくありそうな可愛らしいお菓子タイプのCBDグミ、CBDリキッドだってドンキホーテに行けば店頭に置かれていたりしますがそれだけです。

パウダーもワックスもオイルも、他にもCBD製品は多数あるのに日本ではほぼ広まっていないのです。

スプレータイプなんて個人輸入も禁止されています。

取り合えず使ってみれば分かります。

緊張状態が緩和されて質の良い眠りが手に入るし、頭痛や生理痛の悩みからも解放されます。

医療現場でだって使われている製品、世界的にヒットしているのですが原材料が「ヘンプ」であるという一点で、日本ではこんなにも忌み嫌われているわけです。

芸能人がたまに危険な薬物を所持していたことで逮捕されています。

ヤクザが取引に使用したりといった場合も、麻薬の恐怖はニュースなどで日々報道され一般の人たちにも危険なものと植え込まれているのです。

ただし、CBDではなくそういった危険な精神作用をもたらすのはTHC・別の成分です。

これらをカンナビノイドと言いますが、CBD・THC以外に100種類以上存在すると言われています。

もう少し考えてみれば分かるのです。

七味唐辛子には麻の実が入っています。

夏場にさらりとして快適な皮膚感をもたらしてくれるのは麻素材、危険ではないヘンプもたくさん我々の周りに存在しています。

THC自体も、ストレスやうつの症状を軽減してくれたり痛みが緩和されたり、そのため医療の世界でも期待されています。

実際に海外ではTHCも入ったCBD製品がたくさん出回っており、むしろ危険な作用は抑えられて良い作用が相乗効果で高まりとプラスに働いています。

スプレータイプも海外ではお馴染み、あの日本の大塚製薬がアメリカで製造権を持っているにも関わらずTHCは違法という日本の法律ゆえに日本の社会に取り入れることが出来ないのです。

「ヘンプは危険」、その考え方をやめてもう一度冷静に見直すことで見えてくるものはあるでしょう。

日本中の人たちがそうなれば、病気で苦しんでいる多くの患者さんが楽になり一般の方たちもストレスから解放されます。

少なくともCBDは副作用がほとんどない・安全な成分であるとWHOも認めています。

それを使用する方が増えれば、また一歩我々の世界は過ごしやすいものへと変化することでしょう。