健康被害が怖い?信頼できるところで購入しなければならない

健康被害が怖い?信頼できるところで購入しなければならない

CBDの原材料はヘンプです。

日本だと様々なニュース報道から悪いイメージしか無いでしょう。

違法薬物と同じ原材料、ということはCBDも危険なのでは・持っていたら逮捕されてしまうのではと恐れをなしているならそれは違います。

同じくヘンプから取ることが出来るもの・カンナビノイドと言いますがCBD以外に100種類以上あり、違法薬物指定されているのはそのうちのTHCというものです。

つまりは別物、CBDは合法です。

だからこそ日本でもドンキホーテなどでCBDグミやリキッドが置かれているのです。

それ以外にも、オイルやパウダーやワックスなどもインターネットを通じて安全に取り寄せることは出来ます。

ちなみに、THCだって使い方によっては良い作用をもたらすことだってあるのです。

医療の世界ではかなり役立ってくれていますし、海外だとTHCを含めカンナビノイドをすべて配合したフルスペクトラム系も一般的です。

THCならではの悪い作用は抑えられてCBDの良さが相乗効果でアップして、ですから皆が喜んで使用しています。

ただ大量にTHCを含んだ製品を摂取した場合に危険な作用が出てくるのは事実、そして安全なTHC入りも危険なTHCもどちらも海外では普通に出回っています。

違法ではないCBD、でも気を付けなければというのは信頼できるところで購入しなければならないという意味です。

気が付かないうちにTHCが混入したCBD製品を誤って購入してしまった場合、健康被害が及ぼされるだけでなく逮捕されてもおかしくはないのです。

それなら国内産のものを選べばと考える方もいるかもしれませんが、ヘンプは日本では持っているだけでも違法・育てることだって法に触れてしまいます。

日本国内で育てたヘンプを使って作られたCBD製品というのは無いのです。

国内産とはいえ原料は輸入、その後の加工やパッケージングを行ったもののことを指します。

世界的に注目を集めるCBD、金になると目を付ける悪徳業者は海外はもちろん日本国内にだっていて不思議はありません。

ですからお値段以上にお店選びを重視することが大切です。

原材料を育てる土壌から気に掛けており、第三者機関にも審査をしてもらって品質の良さを心掛けているところから買うようにしましょう。

ヘンプが、そしてCBDが危険なのではなく、それを取り扱う者の中に悪人が紛れているかもしれないということです。

手軽で可愛いのに、なんで日本では嫌われてるの?

手軽で可愛いのに、なんで日本では嫌われてるの?

海外でよくありそうな可愛らしいお菓子タイプのCBDグミ、CBDリキッドだってドンキホーテに行けば店頭に置かれていたりしますがそれだけです。

パウダーもワックスもオイルも、他にもCBD製品は多数あるのに日本ではほぼ広まっていないのです。

スプレータイプなんて個人輸入も禁止されています。

取り合えず使ってみれば分かります。

緊張状態が緩和されて質の良い眠りが手に入るし、頭痛や生理痛の悩みからも解放されます。

医療現場でだって使われている製品、世界的にヒットしているのですが原材料が「ヘンプ」であるという一点で、日本ではこんなにも忌み嫌われているわけです。

芸能人がたまに危険な薬物を所持していたことで逮捕されています。

ヤクザが取引に使用したりといった場合も、麻薬の恐怖はニュースなどで日々報道され一般の人たちにも危険なものと植え込まれているのです。

ただし、CBDではなくそういった危険な精神作用をもたらすのはTHC・別の成分です。

これらをカンナビノイドと言いますが、CBD・THC以外に100種類以上存在すると言われています。

もう少し考えてみれば分かるのです。

七味唐辛子には麻の実が入っています。

夏場にさらりとして快適な皮膚感をもたらしてくれるのは麻素材、危険ではないヘンプもたくさん我々の周りに存在しています。

THC自体も、ストレスやうつの症状を軽減してくれたり痛みが緩和されたり、そのため医療の世界でも期待されています。

実際に海外ではTHCも入ったCBD製品がたくさん出回っており、むしろ危険な作用は抑えられて良い作用が相乗効果で高まりとプラスに働いています。

スプレータイプも海外ではお馴染み、あの日本の大塚製薬がアメリカで製造権を持っているにも関わらずTHCは違法という日本の法律ゆえに日本の社会に取り入れることが出来ないのです。

「ヘンプは危険」、その考え方をやめてもう一度冷静に見直すことで見えてくるものはあるでしょう。

日本中の人たちがそうなれば、病気で苦しんでいる多くの患者さんが楽になり一般の方たちもストレスから解放されます。

少なくともCBDは副作用がほとんどない・安全な成分であるとWHOも認めています。

それを使用する方が増えれば、また一歩我々の世界は過ごしやすいものへと変化することでしょう。

違法な製品が含まれていることもあるので注意!

違法な製品が含まれていることもあるので注意!

「CBDはヘンプ由来の成分だから危険だ」、まだそういった考えを持ち続け遠ざけている人もいますがその一方で「WHOも認めた毒性の少ない成分」といった情報も出回るようになりました。

何より、日本でだってドンキホーテなどに行けばCBDグミ・リキッドが店頭に並べられているのです。

安全な製品なんだといった意識が高まるのは良い事、でも安心しすぎも禁物です。

特にCBDリキッドの場合、タバコの代用品として若者を中心に利用が広まっています。

健康被害をもたらされるだけでなく周りの人にも悪影響を及ぼす、タバコの恐ろしさは今や小さな子供でも知っており公共の場を中心にどこもかしこもタバコが吸えなくなりました。

だからこそ電子タバコも見た目がそっくりで抵抗感があるとCBDグミを選ぶ方もいるほどです。ですが知識があれば分かります。

同じように見えて出てくる煙は水蒸気、ですから小さな子供が吸ったところで何ともありません。

でも電子タバコにしろCBD製品にしろ、安心できるのは正規の製品を手にした場合に限ります。

ニコチンもタールも入っていないというのは日本で売られている正規の品だけ、海外ではニコチン入りリキッドは数多く禁煙を心掛けタバコの代用品にと選んだところで意味がなかったりするのです。

CBDも、THCが入っていないから大丈夫とは言えません。

海外で売られている中には配合されたものが多数、何しろどちらも入っている方が相乗効果で健康増進効果が高まるといったデータがあるのですから当然です。
その中でもTHCやその他の危険な成分が入ったCBD製品を摂取した方が健康被害を訴えています。

安全なはずの正規のCBDも、病気を持っている方には肝臓に負担をかけることもあります。

違法に取引されたCBDリキッドに入っていたビタミンEアセテートが健康被害をもたらしたという例も、怖がり過ぎてせっかくの良いものを遠ざけるのも勿体ないことです。

でも一方で、「だってCBDは安全だから」と適当な取り扱い方をしていても痛い目を見ます。

グミタイプを大量に食べていたり、取り合えず安い製品を取り寄せようとメーカーを気にすることなく適当に海外のものを買ったりしていると場合によっては健康被害を受けるだけでなく逮捕されて、人生を傷つけることもあるのです。

油断は禁物、しっかりとした消費者であるべきです。

CBDグミ製品は危ない?命の危険を招くようなことの無い

CBDグミ製品は危険なもの?命の危険を招くようなことの無い

世界中の人が愛用しているCBD製品、もちろん日本でもと言いたいところですが実店舗にあるのはせいぜいCBDグミとリキッド程度です。

何しろCBDの原材料はヘンプ、芸能人など多くの方が麻薬所持・使用で逮捕されているのを見ているからこそ「依存症があるのでは・高い毒性を持ち精神的におかしくなってしまう」と誤ったイメージから遠ざけてしまっているのです。

そういった症状をもたらすのはTHC、CBDと同じくヘンプに含まれるカンナビノイドです。このカンナビノイド、何と100種類以上あるのです。

その中の一つが危険だからと残りの99種類以上も同じく危ないと遠ざけるのは乱暴なやり方でしかありません。

むしろCBDは毒性がかなり低く、依存症を引き起こすどころかそういった症状を緩和する役割を持っているのです。

THCが入った製品だと税関で止められて我々の元にやってくることはありません。

日本のお店に置かれているようなCBDグミには絶対に含まれているようなことは無し、信頼できるサイトからの購入も安全です。

気持ちをリラックスさせてくれたり痛みを和らげてくれたり、良い効果がたっぷりなので是非とも日本でもどんどん広まっていってもっと手軽に様々なお店で安く手に入るようになってほしいものです。

ちなみに、毒性が低いがゆえに誤って大量摂取してしまったとしても命の危険を招くようなことの無いCBD製品ですが、病気の方にとっても大丈夫とは言い切れないのです。

CBDグミを正におやつ感覚でパクパクと摂取するのは避けた方が良さそうです。
大量摂取したことで、肝臓の機能が悪化してしまったという報告例があるからです。

とはいえ、CBDと肝臓の機能悪化の詳しい関係性はまだ分かっていません。

まだ歴史の浅いCBD、100種類以上あるカンナビノイドの中で研究が進んでいるのはCBD・THCの他に数個程度ですし、CBD自体もまだまだ分かっていないことは多数あるのです。

ただ人間はもちろん、マウスを用いての実験でも大量投与をした結果肝臓の機能が悪くなってしまったという実験の結果が出ているのは事実です。

そもそも、CBDグミを見てもそうですがグミという名と形状で売られてはいるもののそのお値段はかなり異なることが分かるでしょう。

大量に摂取してもそれだけ効果が上がるどころか、ある時点で下がっていくことだって研究で分かっています。

用法用量を守って利用すること、そうすれば副作用が出てくるようなことは無く安全なのです。

信頼度の高さはWHOも認めているほどです。

個人輸入できない?もっと手軽にCBDグミを手に入れる方法

個人輸入できない?もっと手軽にCBDグミを手に入れる方法

CBD製品がドンキホーテに置かれているCBDリキッド・CBDグミだけと思っているのであれば、インターネットで調べた時にその種類の多さに驚かされることでしょう。

何しろオイルにワックス・パウダーといろいろあります。

中には個人輸入が禁止されているタイプも、それがスプレーのCBD・サティベックスなのです。

口腔内からの摂取という意味ではオイルやグミと同じですが、日本だと薬事法に反することから承認されていないのです。

このサティベックス、多発性硬化症の治療薬として世界では多くの方が使用しています。

過活動膀胱などの症状にも効果があって、日本でも売り出せば忽ち多くの方が買い求めることでしょう。

自分に合った回数を舌の下にスプレーするだけ、使い方も簡単です。

そんなサティベックスがなぜダメかと言うと、THCが入っているからです。

THCとはへんぷにも含まれる精神に危険な作用を起こす成分、ただし少量でありCBDが症状を打ち消してくれるのでむしろCBDの効果がアップするだけです。

日本でもプラスウィードなどのフルスペクトラム系が売れているのは同じ理由です。

ただプラスウィードのCBDグミにはTHCは入っていない、だからこそドンキホーテのような日本のお店にも置かれている、一方でサティベックスは世界で愛用されているにも関わらずTHCが入っているから違法・なので個人輸入が難しいというわけです。

日本人のヘンプに対する偏見の強さがうかがわれます。

とは言え、このサティベックス・あの日本の大塚製薬がアメリカにて独占販売権を持っているのです。

その他にも聞けばすぐに分かるような有名どころ製薬会社が多数参戦していて、それだけでも安全性の高さがうかがわれるでしょう。

もう少し先になりますが、いつかはきっとドンキだけとは言わず日本の店頭に並びそうな製品です。

これだけTHCから守られている国・日本、そんな我が国のドンキホーテに堂々と並べられているのですから、CBDグミはTHCなんて一切入っておらず安全性に優れた品質の高い製品だということが分かるはずです。

スプレータイプでなくとも、グミだってどこででも摂取出来て手軽なといった点では同じです。

店頭に並んでいるのはグミとリキッドだけですが、オイルやパウダーならば公式サイトを通じて誰でも買うことが出来ます。

まずは今日本にある合法なCBDでその良さを知り広めていき、決して危険なだけのものではないことを身をもって理解することです。