違法な製品が含まれていることもあるので注意!

違法な製品が含まれていることもあるので注意!

「CBDはヘンプ由来の成分だから危険だ」、まだそういった考えを持ち続け遠ざけている人もいますがその一方で「WHOも認めた毒性の少ない成分」といった情報も出回るようになりました。

何より、日本でだってドンキホーテなどに行けばCBDグミ・リキッドが店頭に並べられているのです。

安全な製品なんだといった意識が高まるのは良い事、でも安心しすぎも禁物です。

特にCBDリキッドの場合、タバコの代用品として若者を中心に利用が広まっています。

健康被害をもたらされるだけでなく周りの人にも悪影響を及ぼす、タバコの恐ろしさは今や小さな子供でも知っており公共の場を中心にどこもかしこもタバコが吸えなくなりました。

だからこそ電子タバコも見た目がそっくりで抵抗感があるとCBDグミを選ぶ方もいるほどです。ですが知識があれば分かります。

同じように見えて出てくる煙は水蒸気、ですから小さな子供が吸ったところで何ともありません。

でも電子タバコにしろCBD製品にしろ、安心できるのは正規の製品を手にした場合に限ります。

ニコチンもタールも入っていないというのは日本で売られている正規の品だけ、海外ではニコチン入りリキッドは数多く禁煙を心掛けタバコの代用品にと選んだところで意味がなかったりするのです。

CBDも、THCが入っていないから大丈夫とは言えません。

海外で売られている中には配合されたものが多数、何しろどちらも入っている方が相乗効果で健康増進効果が高まるといったデータがあるのですから当然です。
その中でもTHCやその他の危険な成分が入ったCBD製品を摂取した方が健康被害を訴えています。

安全なはずの正規のCBDも、病気を持っている方には肝臓に負担をかけることもあります。

違法に取引されたCBDリキッドに入っていたビタミンEアセテートが健康被害をもたらしたという例も、怖がり過ぎてせっかくの良いものを遠ざけるのも勿体ないことです。

でも一方で、「だってCBDは安全だから」と適当な取り扱い方をしていても痛い目を見ます。

グミタイプを大量に食べていたり、取り合えず安い製品を取り寄せようとメーカーを気にすることなく適当に海外のものを買ったりしていると場合によっては健康被害を受けるだけでなく逮捕されて、人生を傷つけることもあるのです。

油断は禁物、しっかりとした消費者であるべきです。